これで、スマートグラスの普及が本格化するかも。

ボッシュは、アメリカ・ラスベガスで開催されるCES2020にて、スマートグラス向けの小型モジュール 「Light Drive システム」を公開すると発表しました。

この「Light Drive システム」は、世界初となるボッシュの”Light Drive テクノロジー”を使用した、スマートグラス向けの小型モジュール。
センサーや光学部品などが一つにまとまった、”オールインワンのテクノロジースタック”とのこと。

サイズは”約45~75mm x 5~10mm x 8mm(長さx高さx幅)。重さは10g以下”。
これによって様々な眼鏡のデザインが可能になり、これまでのスマートグラスのようなディスプレイやセンサーなどが付いて大型化されてしまうなどの違和感しかないようなデザインになっていた問題も解決される様子。

小型化されたところで、使い勝手も気になります。
この技術は、光線を網膜上に投影され、明るさも調整できるため、直射日光の下などでもはっきり見えるうえに、プライバシーも確保できるとのこと。
レンズに見ている情報が映っていると、なんとなくSFっぽい気がしなくもないですけれども、見方によっては少々不気味な気がしなくもありません。
その点、自分しか見えないのは何かと便利かも。笑

表示される情報は、ナビや電話、メッセージアプリ、アラームやカレンダーの通知、ToDoリストやメモアプリが最適で、必要最小限のフォーマットで表示され、ハンズフリーで利用できるそうです。
度付きメガネのレンズにも対応しているそうですから、多くの人が取り入れやすいものになりそうですね。

プレスリリースによると、”Bosch Smartglasses Light Drive ソリューションは、2021年に大手メーカー向けに発売予定”とのこと。
僕ら消費者が製品を使えるようになるのは、さらにもう少し先でしょうから、あと数年先でしょうか。

ARを利用するにあたり、スマートグラスが話題になることがあっても、そのデザインがイマイチで実際に自分が使ってみようとはなかなか思えなかったのが正直なところ。(もちろん、価格の問題もあったのですが。。苦笑)
個人的な話になりますが、以前、ニューヨークのカフェでGoogleグラスをかけた人を見かけたことがあります。
最初は、お!っと思いながらも、かっこいいとか、すごい、とかって思うよりも、なんとなくサイボーグを見たかのような変な違和感があったことを覚えています。

この「Light Drive システム」によって、違和感どころか、おしゃれなメガネをかけながらARを利用できるなんて、ついにこの時が来たか!って感じがしますね。
実際の製品化まではもう少し時間がかかるのかもしれませんが、製品化され、実際に使ってみるのが楽しみです。

<via Bosch

ADs